2011年04月03日

過剰なCMについて

メッセージ性は確かに良い事だが・・・・・。

過剰過ぎなのはどうかと思います。



何て言うかな・・・? そうだなぁ・・・例えるならば脅迫されているような感覚に似ているかな。

みんなで助け合ったり、気をつけましょうとか、道徳的にとか、人との係わり合いにおいて必要なのは解かる。

けれど、過剰なのはいけないと思います。

ちょっとでも、考えの違う人を排除や、非難しかねない状況を生むと私は危惧しています。

戦争の時代、戦争はいけない事だと言えば「非国民だ、売国奴だ」と罵り、酷い事も辞さなかった事実もある。

そういった過去からも、今の過剰なCMにはとても怖い印象を持ってしまいました。

必要な事や大事な事は、時々ふっと思い出すくらいがいい。

うん、そうだよね、そうなりたいよね! って思うくらいがいい。

過剰なのは、脅迫に近くなるかなって。



それぞれが出来る事でやればいいだけなんだけど。

日本人特有の自分達と違うものを排除したり、差別したりする傾向が濃いというのが、私的に言えば危ない感じがする。

私は〇〇したい。と思っても、それが画期的な発想でも、自分達と違うだけという理由で排除したがったりする。

だから、メッセージ性がいくら良くても、過剰な事はいい結果を生むのが大変になっていくような気がする。

按配って大事だよね。



posted by LAILA at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

人の発するエネルギー

バイト先で決定的な事が起こりました。



お仕事仲間ってやっぱり、持ちつ持たれつだと思うのね。



人間関係だってそう。



誰かに支えられたり、誰かに助けられたりするもの。



でも、それを自分の理想の押し付けや、自分の事を棚上げで言うものではないと思う。



ましてや、他の人が居る場で「私が悪いんじゃないし、いじめていない!でも変える気ない」って言い放つのはどうでしょうか?



同じスタートから始まったとしても、人それぞれ関わる日数や時間が大幅に違えば、仕事の効率や覚えだって当たり前に違う。



それに対して、覚える気が無いとか使えないだとか、酷い言い様で罵るのは最低の行為だと思う。



それで、それに同調する人も居て、同じ波長の人は集まるものなんだなあって思いました。



締め付けて、ルールを作って強制する事が、いい仕事の環境を作るものではないのにね。



正直な所、私はあの空気(エネルギー&波長)の中には居たくないと思いました。



いい結果を作るのは、厳しい事も言わなければいけない時もあるけど、全てがそうではないのだと思う。



大切なのは働きやすく、間違ってもお互いがカバーしていける環境だと思う。



そう言った場は、エネルギー的にも優しい感じや、心地よい環境を生み出す原動力になる。



だけど、ギスギスした環境は人を萎縮させる。



上手くいくものも上手くいかなくさせる。



また行きたい、また会いたい、一緒に仕事がしたい、この人の下でなら頑張って働きたいと心から思う時って、根本に「愛」があるからだと思う。



親愛や敬愛など。



相手に対する敬う気持ちを無くしたら、己にも返って来る。



今回の出来事で、私はそういった人達とは相容れないなと思いました。



この様な方達とは一緒にお仕事はしたくないと、決定的に思いました。



だって、どれだけのマイナスエネルギーが渦巻いているかを考えたら恐ろしいです。(ーー;)



そういった人達は他者のエネルギーを吸い取る性質もあるので、ホント怖いです。



まぁ、このバイトが無くても生きてはいけますし、素直に頑張って営業など(出張イベを)やっている方が遙かに建設的かなとも思いました。(笑)



いつかはサロンを開いてお仕事するのが夢ですから、今回の事で、仕事の場作りについて学べたのは良い事だったと思います。



問題が起きたとき、何が自分に提示されているかをしっかりと読み解く事が今後の課題に繋がる。



そして、自分や他者に対しての優しさや厳しさの根本にあるものを誤ってはいけないのだということ。



誤った場合は、方向修正していくかいかないかで、自分の人生や他者の人生も変化することを覚えておかなくてはいけない。



それでも、遭遇したりする場合は、必ずといっていいほど「学び」がある。



何度も繰り返すのは、乗り越えていかなくてはいけない壁であり、自分の生きていく課題の一つでもあるということ。



ハイヤーセルフのような高次の存在が、与えるギフトでもある。



学びの中から「より善い」自分の生き方やあり方を確立して行く為にそういう出来事があるのだと言うこと。



大切なのは「学び」成長していく事。



どれだけの問題に遭遇しても「本当の意味で学べば、それは貴方の魅力を増す武器にもなる」



私ももっと成長していけるのだと、今回の事で思いました。



ありがとうございます。


posted by LAILA at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

意識改革

視点について今日はちょっと書いてみたいと思います。

捉える意味合いは。
【視点】とは、物事を見たり考えたりする立場。観点。

他者に対しての視点と、自己の視点について思うことがありました。


まずは、誰それが嫌い、誰々の態度に苛つくなどの自分視点の感覚について。
そのまんま、自分の感覚、意識、考えなどに基づく視点ですね。
まぁ、全部が全部悪いとは言わないけど。
正直良くはないですね。
どうしてかというと、他者を認めないと言う一点に尽きます。
認めないと言う事は、巡り巡ると自分に返って来るからです。
そう、相手もまた自分を認めないと言うこと。
そして、どうしても自分の考えを押し付けてしまうという事です。
まあね、人との係わり合いって大変ですので、そして間合いって凄く大事ですし、どう、相手と距離を置くかとか、気にしないとかって結構重要だったりします。


次に、他者から見た視点について。
これは、まぁ、正直判別に苦しむ所もありますが、自分がこうだったら〜どうなんだろう?って思って考えると解かり易いと思います。
誰々が鬱陶しい、誰それが干渉してくるとか・・・まぁ、色々な見方が御座いますが。
円滑に他者との関わる為にある程度我慢するか、始めから拒否するか、と言う二択位しかありません。
これ、実は物凄く面倒な要因が含まれます。
自分視点なら、○○しないでどうするの?って糾弾や、断言する事も多いでしょう。
しかしながら。
当事者が関って欲しくないとか、関わりたくないと思っていたらどうでしょう?
その人を信じて、実は裏で、酷い言葉で沢山の人との話題にされていたらどうでしょう。
「関わりあいたくない」と思うでしょう。
だったら、始めから距離を置いて踏み込まない方を選ぶ人もいるでしょう。
それを責めるのは簡単ですが、理解するのはとても難しいです。
相手がどうしてそうなのか?を考えた時、その人との付き合い方も変化すると思います。

そして、自分が求めるものと相手が求めるものの違いを認識出きるでしょう。
押し付けるのは簡単です。
認める事はとても難しい。

他者と関わるという事は、自分の視点だけでは限界があるということ。
他者の視点を全て受け止める事なども出来ないという事。

では、どうしたらいいか?

ある程度の距離を置く事が肝心だと思う。

踏み込まれたくない事は、誰にだってある。

相手が拒否してくれるなら、その状態に乗っかってしまう方がいい。

だって、無理に付き合わなくていいのだから。

相手に無理強いする必要性も無い。

また、自分も気を遣わなくていい。

これが、逆にべったりタイプの方が実は厄介なのだ。

自分の状態にお構いなしだったり、無茶苦茶言ったり、挙句振り回す振り回す、最終的には自分のペースは勿論の事、生活すら脅かす脅威になる。

貴方ならどちらを選びますか?

取っ付き易く話しやすいが、どこまでも振り回す人。
無愛想、無視なんて日常茶飯事な人。

そう考えたら、無愛想、無視なんて日常茶飯事な人の方が何倍もマシだったりします。

何が起ころうが、巻き込まれませんもの。

そして、自分のスタイルも崩れません。

他者を認めずにいても、限界があるだろう。

ある程度認めて「こういう人なんだ。ふ〜ん」って思ってしまえば、腹も立たない。

コイツ大嫌いって思えば思うほど意識や視点がそこに行く。

ハッキリ言って、態々自分で嫌いな人を見に行くようなものに他ならない。

視点を変えて見た時に、自分の意識が楽な姿勢でいられる方が運気も物事に対しても臨機応変に出来るのだと思います。


もしも、誰かに対して嫌いと言う意識があるのなら、一度視点を変えてみましょう。

腹を立てても、無意味で、労力の無駄にしかならない事に気付くかもしれません。


折角の人生、そして日常を勿体無く過ごすのも過ごさないのも自分次第です。


posted by LAILA at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

引き寄せることと、引き寄せられないこと

某個人サイトで、突撃している人がいる話を聞いて思ったことをつらつらと書いておきたいかなと思います。

引き寄せの法則を実践して数年、何も起こらないと激怒している方がいて。
その人の話を妹と話してて、思ったのです。

その人は本当に引き寄せの法則を実践していたのか?

思ったのは、俄仕込みでやっていたに過ぎないのではないかという事。

ほら、良く女の子が大好きなおまじないと同じ風にしかしていなかったのではないかな〜って。

本当に引き寄せの法則の真理を知っている人は、この法則が自分に絶対有利だとは思わないでしょう。

なぜならば、生きていくための哲学と同じ様なものだからです。

自分との対話や、他者との折り合いの中で、どうすれば自分が生き易いか、自分らしく生きられるか、他者を否定し憎まずいられるかという事が絶対条件みたいなものだからです。

誰かをずーーっと憎んでいくことが、どれほど、己のその時間を無駄に浪費してしまうかなどと言う事実を認めるために、苦しい現実の中で学ぶのです。

だから、引き寄せの法則は誰に対しても甘いものではなくて、時には苦く、時には酸っぱく、時には甘いようなものだと私は思う。

苦しい自分を見詰めなおし、解放していくためのもので。

これをすれば、幸せを引き寄せられるんだ!って安易に思うのは間違いなんですよね。

欲をかくといいこと無いよって事と同じかな。

欲が少しでもあれば、願いは届かないのかもしれません。

人が持つ欲望は、良い出来事を招きません。

過去の歴史からだってそれを学べるように。

欲を持たずに、心からの行動であれば、良い結果をもたらすのだという事。

人間はついつい、自分の欲望もってしまうのもです。

だけど、その欲望を捨てて生きると、とても幸せに生きれるのだという事だろう。

とは言え、社会という枠の中で生きなくてはいけないので、ある程度の折り合いは必要ではありますね。

そこのところ間違えたら、いけないかなと思います。


まぁ、生きていく事は苦しい事の連続ではあるけども、それ自体がギフトでもあります。

大切なのは、自分らしく生きられることなんでしょうね。

他者を認め、自分を認める。

ホント大事です。


posted by LAILA at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

言動は気をつけようね。

もう、この事態はネタ化するしかない! と思う今日この頃です。

さて、皆様の周囲にもいらっしゃるであろう、文句や愚痴や僻みを言いまくる方についてです!

以前は、かなり引っ張られてしまいましたが。

最近は引いた感じで見れております。(極たま〜に、いらっと来ちゃいますが)

何故に言いたい放題で、そんな風に暴言言って楽しい?

ホント。どうして、そんな暴言を吐けるのかなー?と不思議に思います。

んー。それって言える一因が「自分には関係ない」って言うのもあるかな。

○○騒動を見て「ざまあみろ」って言えちゃうのどうなのよ?

ある一部分だけを取り上げたり、表面だけでそう言っちゃうのって危ないよね。

まあね、人ってそう言う所あるけどね。

扇動されてとか、そういう風に勝手に思い込まされたりとか、勝手な想像で思い込んだりとか。

良くない!! 非常に良くない!!!

だけど、敢えて言うのも、何だかなぁってコトに発展するので言わない事にしました。

言わなきゃ分かり合えないとも思うのだが。

固定概念に囚われてて、それ以外を受け入れる許容が無い人に言っても無駄なだけ!

言う事もたまには必要ですが、言う側にもかなりの疲労が来ます。

無駄なエネルギー消費になったりしますしね。

一番の問題は。

こう言った物事について、本人が「馬鹿な考え」だと気付かないといけないんです。

全てにおいて、重要なのは本人がしっかりと自分で考え、広い意味で見て、対極を見極める事なんです。

周りが幾ら諭した所で、本人が拒否してれば意味無いですからね。

なので、もう、アホらしくなり、ならば、この問題はそのままネタにしてしまえってコトになりました。

あー、ちなみに、その人、そんなに運は良くありません。

食べに行った先とかで、ハズレを良く引きますね。

私は、それを目撃はしておりません。(後でよく聞きます)

こう言うのって、自分で呼び込んでいるのだなぁってそう思う。

悪い人じゃないんだけど。

よく言う「空気読めない人」ですね。

自分の考えを持っていても、言っちゃいけない事ってあるのに、言っちゃうタイプ。

故に、そう言った暴言のツケが何所かで巡り巡って返って来て「あちゃー」ってなコトに。


んで、色々なアプローチから見たら、非常に使えるネタになりました。有難う!(笑)

こういった人の過去世ってどんな問題が隠されているかとか。

時々、物凄く気になりますね〜〜。(^_^;)

自分とどう関っているのかとかも。

そして、何が試練で、何を気付き、乗り越えるのかとも。

生きる事、全てが、試練だからねぇ。

つまらない生き方を選んだとしても、それは、過去世に縛られた生き方かもしれないし、現世で打ち勝てなかった自分の弱さかもしれない。

言えるのは、自分の人生は、自分の自己責任と、自分の選択でしかないという事。

生まれて来て、ある程度の年齢までは「枷」があるけれど、それ以降は自分で選択出来るのだと言う事。

だらだらと生き方も、ぐちぐちと暴言吐いてるだけの生き方も、堅実に真面目に生きるのも、自分の選択だから!

誰かのせいにすれば、楽でしょうが。

どうにかしようとする気になって、行動を起こさない自分のせいでもある。

そりゃあね、他者のせいにすれば簡単だから。

誰かを糾弾するのも簡単。

でも、本当に何かを変えようとするのなら、ちゃんと物事を見極めて行動を起こせばいい。

出来ないから、糾弾する。

それじゃあ、成長は難しくなる。

苦悩とは、成長の肥やしみたいなものです。

自分の言動が「問題」だとしても、ちゃんと後々見詰めなおして「あ〜、昔、自分は馬鹿な事や酷い事言ってた」とか言える様になれば、それは成長したってコトになる。

まぁ、出来るだけ相手の立場になって物事を見れれば、そんな事は無いんだけどね。(>_<)

でも、人って自分が偉いとか、不幸とか思っていると、そういう風に見れないものなんですよね〜〜。

かの人も、早くそれに気付いて欲しいとおもいます。

周囲の人も迷惑でしょうが、それ以上に自分の為に。

無用な誓いとか過去世で無駄に立てているような気がします。(笑)

そう言った人との縁って、私自身が呼び込んでいると言う捉えられる場合も多いですが。

この場合は、その人から多くを学べる状態だと言う感じです。

見方を変えたら、今後セッションで、中立な立場を取って過去世リーディングをする時にかなり役立つなって思います。

引っ張られる自分を、しっかりグラウディングさせておける状態になるために必要不可欠なのかなぁって思いました。

何かの問題が解消されると、新しい問題にぶつかるって言うけど。

ホントだなぁって思う。

敢えて、私は、この問題をしっかり立ち向かって、ステップアップする為にクリアしていこうって思いますね。

悪い事をただ、悪い状態って判断するのは簡単ですが。

その状態から、糧となるものは必ず隠されています。

だから、それを、きちんと見付けましょう。

そうして、向上していきましょう!


posted by LAILA at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

どこまで付き合うか?

前回取り上げた、日記での困ったさんについて少し掘り下げてみようかと思いました。

困ったさんにおける良くある事例。

自分が悪いとは思わない。(とてつもなくポジティブだが、どっか飛んでるくらいネガティブな部分あり)
悪いかも?もしくは、お互い悪いと思う節あり。(実際は自己責任だから、自分が悪いんだけどね)

自分が楽しければ相手の気持ちなど、どーでもいい。(それが犯罪に繋がってもお構いなし)
お互いが良い気持ちでいられる様に、こちらが意を汲んで相手の喜ぶものを選ぶが、お返しが不必要なものだったりする。(リクエストしても無駄)
挙句がギャクギレとか・・・・・。

他、病的なまでにどっかぶっ飛んでいる事あり。

んでもって、彼らに共通な事が。
共依存型な事です。
性質の悪い事に、他者に甘えまくる癖が御座います。
周囲としては堪ったもんじゃないよね。(>_<)
家族間、友人間でも起こりうる事例ですが・・・・・。
問題はどう対処をするかです。
最悪の状態は、共依存を更正出来る医者に掛かるくらいです。
その前に何とかしたいですね。実際。
でも、そうそう上手くいかないのが人生というもの。
気付けばべったりな共依存関係なんて事もあります。

さてはて、共依存関係になっているかなっていないかの判別も難しいかもしれませんが。
私の経験上の例をとりますと。
1・失敗した時(自分のミスなの)に、何度も呼ばれる。トラブルになった時も、必ず呼ばれる。
2・犯罪の温床になるようなものに手を出している。
3・何故か自信満々。根拠なしなのでやたら怖い。
4・自分では動かない。
5・自分では深く考えない。誰かの言葉に踊らされやすい。
6・あくまで他力本願が七割くらい。
7・言ってる事とやってる事が全然違う。
8・かなり問題事を起こして手を出していた事を止めるかと思えば、また手を出している。
9・言う事は良いコトを言ったりするが、説得力が皆無で堂々巡り。
10・相手の責任にする。

上記の事例に当てはまると危ないかもしれません。(結構重度でしたから)


尚、物事において、何かを選択し、選ぶコト時点で自分の責任なので相手だって〜って言うのは実は間違いだという事。
失敗してもそれは与えられた試練であり、経験値の一つでもある。
ただね、そう言った考えを持っている人との付き合いは、疲労が沢山あり、尚且つ、エネルギー的にも低いので深い付き合いをするとこちらの状態が落ちる事もあるでしょう。
このパターン、所謂「悪い人じゃないんだけどね〜」って人に多いです。
だから、ついつい、付き合ってしまう。
「しょうがないなぁ〜」って。
でも、そうしていく事で相手の行動する力、考える力を奪っているのかなとも思う。
まぁ、突き放しても、他の所に行くだけですけどね・・・・。


何でだろうなぁって思ったのですが・・・成長する過程でそういった癖が出来上がってしまっているのではないかな?と思うようになりました。

人間、甘い汁を吸うと、そこから抜け出せなくなるのと同じで、そうする方が楽だからだろうなと思う。

ただ、そうする事は成長しない事と同じですので、実際は幸せになりたいと思っていても不幸を撒き散らしているのと変わらない。

まずは、自分をしっかりと持って、見詰めなおす事が重要ですね。
客観的に自分を見れるようにならなければいけないと思う。
まぁ、そうなれるまで苦労をするのが当たり前ですけどね。


もしも、周囲に共依存型の人がいたら気をつけましょう。
自分のボーダーラインをハッキリさせて付き合わないと、大変な事になんて状況もありうるので。
ホント気をつけましょう。


posted by LAILA at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

意識改革

何が幸せで不幸か?

それは、最終的に蓋を開けてみないと分からない。

私の妹も結婚当初は、それはそれは酷いものだった。

妹は、友人に「今私は一番不幸です」と、愚痴を言われてどう返したらいいのか分からないと悩んでました。

衣食住も問題なくて、子供に掛けるお金もあるが、旦那が彼是文句を付けて苦しい。

妹は、私のあの頃に比べたら、彼女は幸せだって。

ただ、まぁ、色々と縛られるのって精神的にキツイのは、私達姉妹は良く知っているので「あぁ、それは辛いわ」って素直に共感しましたが。

問題になるのはその友人の意識のこと。

何も言わずに言われるがままの、自分の状態にどう反撃するかってこと。

本当にどうにも出来ないくらいの不幸って、悲惨ですよ。(>_<)

妹もその道を乗り越えてきたから、何かを切り捨てなければ共倒れになるって言ってました。

心を鬼にするのも必要だってこと。

出来る事と出来ない事を明確にする。
許せる事と許せない事を明確にする。

そういう意識を持つこと。

誰かを助けたいと思っても自分の技量などが伴わなければ、相手や自分を不幸にするだけです。

こういう事例が良くあります。

自分の考えが変わって、今まで一緒にいた人と居るのが苦しくなるって。

意識レベルが変わったから、その人とは話しててもなんか違う?って思うのです。

誰も彼も、自分と同じ意識改革をしない。

相手を尊重するのも大事だが、自分の事も大事にしよう。

何もかも相手の言う事を聞く人形ではないのが、人間です。

「自分」という本来の自分自身をハッキリと見付けておく事が、幸せにも繋がるのだろうと思いました。
posted by LAILA at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

矛盾

先日、妹と話しをしていた事について、少し話したいかと思います。

一部の日本人のスピ関係の本を出している方の矛盾について。
凄く良い事を本とかテレビとかで述べているのに、何故かおかしい程に逆説を唱える時がある。
誰かを槍玉に挙げて批判したり否定したりする。
自分はこう思うから、その考えは理解出来ない。・・・・でいいのになぁと思う。
がっつりと批判してしまうと、自分の行いや言動が嘘臭くなるのにね。
まぁ、人間らしいって言えばそうだけどね。(笑)
んで。
海外の方の本は殆どそういった事が無い。
それは何故か?と、二人で頭を捻ってみた。
どうも、日本人の風潮的なものが関係しているのでは?と思われる。
殆どの人が経験したであろう。
人前では良い顔をし、裏では悪口を言う。
子供も大人も良くある事例です。
その延長上で、やってしまうのだろう。
文章もそう言った批判的なものを取り入れたりすると受けるのかもしれない。
大半の人間は人の悪口とかを何気なく言っているし。
ただ、カウンセラーとかを名乗っているのだから、責任は重大かと思う。
人の人生を左右するのだから。
人間は個々の自由意志で生きているが、時には人の言葉に左右される。
それを選ぶのを個人の自由だが、己の言葉に影響が無いと誰が言える?
言葉には力が宿るとも言われるし、それ相応の言葉を選んで本にして欲しいと思う。
海外の方々は、もし、誰かを批判したら即名誉毀損とかの裁判になるから書かないのだろうと思う。
まぁ、そもそも、自分も相当不利になる事を本とかの媒体で態々しないと思うし、自分の言葉に一貫性がなくなる事を理解しているのだと思う。
日本人の書くスピ系の本よりも、海外の方の方がしっかりしていると、私達は結論付けました。
自己啓発系は特にですね。下手すればネガティブ要素盛り沢山なものがあるので、気を付けましょう。
引き寄せ系は殆ど問題なかったです〜。

読んでいて凹むのは誰でも嫌ですからね。
posted by LAILA at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

許すこと

誰かの行いや発言を許すことって難しい時もあります。

私は大抵のことは許しますが。

ちょっと連続に物事が起こったり、体調が悪かったりする場合はキツイですね。

一方的に言われると、時々げんなりします。

相手も余裕が無いからそう言うのだと解かってはいても、苦痛に感じる時はあります。

そういった時は、大概相手の負の感情に晒されているのだと理解してます。

後で、浄化関係の曲とか流したり、ミカエルに浄化を頼んだりもしますけどね。(笑)

結局のところ、その人自身が自分の言った事が最終的に回りまわって自分の所に返ることを理解しなければならないのだろうと思う。

誰かを糾弾すればいつかは、自分へと返る。

誰かを許せばいつかは許されるし、自分もまた心安らかに過ごせる。

心の狭い生き方はきっと、ずっと窮屈で、意味の無いものなのかもしれない。

許せる人になろう。

許すことは、他者も、自分も許し、心の安寧にも繋がる。

自分の心の器が大きいか、小さいかも知れる。

物事や自分に変革を起こせる人は、その辺が違うのだろうと思う。

そんな人になりたいな。

だから、私は許します。

奇跡を起こす事も、許しからって話もありますし。

良い事を呼び込むのにも繋がるから。

誰かの言葉に行動に縛られていては、何も掴めないばかりか失う事にもなりかねません。

許し。

そして、一歩を踏み出しましょう。


posted by LAILA at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

人の性

自分を未熟者だと正直に思う人は少ないかと思う。

自分の非を認める強さを持っている者は、きっと自分がまだまだ未熟者だと言うだろう。

人は弱い。

だからこそ、完璧ではない。

自己主張をする時、相手を思いやる気持ちや、自分が同じ立場なら?と考え、言葉や態度を選べる人は、自分の弱さや間違いを認められる勇気のある人だろう。

自己主張を無理やりにでも通そうとする人は、欠片でも自分の矛盾や図星を隠したいのだと思う。

優位に立ちたい。

自分の非が無いと思いたい。

という意識が少なからずある場合が多い。

自分が遭遇した人々、自分自身を見詰めなおすと「そういえばあのときそうだった」と気付くだろう。

己の非を少しでも認める事の出来る勇気は凄いと思う。

自分でも起こす可能性や、過去自身が起こしてしまった事を反省し、誰かに接する時、相手を頭ごなしに非難せず、スマートに対応出来る人になりたいと思う。

誰かをそうやって強く非難すれば、それはきっと自分自身に返ります。

同じ様に非難されたり、それ以上の事が起きる事もあるだろう。

それは、一種の人の性が起こす引き寄せでもあるだろう。

自身を見詰めなおせ。

自分を律しろ。

許す心を常に持ち続ける事で自分の世界は広がるだろう。

誰だって、同じ様に人から非難されたいとは思わない。

ちょっとの優しさで、人の印象は変わる。

お互いを尊重し合えなければ、何時までも平和が訪れないのと同じ事。

人の性に振り回されない自分でいたいと、強く思います。
posted by LAILA at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

若さゆえ

若さゆえの・・・とはよく言いますが。
何もそれは年齢がどうのという訳でもない。
実際は精神的な年齢が関わるようです。

自分の昔や周囲の人間の行動などを一度照らし合わせてみると解かるかもしれません。

今現在もそうであるか。
そうでないか。
それによって自身の成長が解かるでしょう。

実際、今も昔も行動がぶっ飛んでいる人は変わらないパターンが多い。
冷静に自分を見つめる事が出来るようになれば、ぶっちゃけ鬱にもなり難い。
一番怖いのは、自分を分析出来ない事や、行動に責任が持てない事や、自分のやっている事をおかしいと思わない事が非常に怖いのだ。
私の周りでも昔居たが、警察沙汰に発展した問題の発端をまたやるという行為を何で起こすのか甚だ疑問だった。
そういう人だから。でその時は済ませてしまったが、妹の周囲でも同じように危険な行動や、明らかに責任放棄や無責任な行動を何度も起こしている人が居て、二人してどうしてだ?と色々話を交わした結果。

彼らは、自分が一貫性を持たない行動をしているのだと言う事に気付かないと、言う事に思い至った。
ある意味、一貫性を持っているが・・・それは、自身がおかしい考えの下に行動していると言われても止められない、もしくは止めたくない、自分を正当化してでも続けたいというエゴの下に行動しているのである。
たとえそれが、誰かを不幸にしても自分が間違っているとは思わないし、自分が言えれば問題ない事なのに「勇気がないから言えなかった」と正当化してでもそれを通そうとする。
実際は過激な事を発している場合が非常に多い。
一般的に言うと空気が読めない人と言われる方々が、これに当たりやすい。
自分は謙虚なんです〜とか、人見知りです〜とか言いつつ、冷静にそれを観察するとどうも逆なことが多いです。
自分が分析出来ていないから、自分の性格を違う言葉で表現します。
「私○○なんです」と、言う言葉に偽りのない人は自分をしっかり見詰めており、他者に迷惑を掛ける率が低いです。
逆ですと一歩間違うと、自殺未遂だの、向上のない愚痴に延々と付き合わされたりします。
ハッキリ言って時間の無駄と、精神力の浪費でしかありません。
確かに後味が悪いからとかで付き合ったりしますが、後々なんで付き合ってしまったのだろうと後悔するでしょう。
まぁ、それもまた経験の一つですが。

それを踏まえて、自分が子供の頃どんなだったかを思うと結構無茶したなぁと思いました。
自分が王様の様に振舞ったり、誰かを巻き込んでみたり、ダメといわれてもそれを何度かやってみたりしませんでしたか?
責任というものが子供の頃はそんなにないからなんだと思いました。
実際は、責任についてあまり良く解かっていなかったのもあるでしょう。
精神的に弱いから、うつ病になったり、精神分裂になるのではないのだと思いました。

自分が見えていないから。
自分の責任を放棄しているから。
自分の欲望や願望だけに目がいっているから。
自分だけがかわいそうだと思い込んでいるから。
自分の事なのに他人を当てにしているから。
明らかに自分よりも立場の弱い人が居るのに見えない、見ない事が出来るのは精神が子供なんだと思う。

ある程度の経験を踏めば、精神的に老成していくものなんだろうけど。
精神がある一部子供のままでいる場合は、本当に非常に危険極まりない。
下手に知恵が働くから、厄介です。
そんな人に巻き込まれたら、避けていくか、徹底抗戦で突っぱねるか、喧嘩して破綻するかのパターンしかありません。
周囲にそんな人が居たら、気をつけましょう。
何でも手を貸していくと、最終的に酷い目に遭います。
自分とその人との立ち位置は、ハッキリさせておく事をお勧めいたします。
中途半端だと、どんどんエスカレートしますので。(苦笑)


ちなみに、そういった人は普通にいい人っぽい人が多いです。
言動や行動に注意を払うと、明らかに変な部分が出て来ますので大体わかると思います。
そういった人は、他者のエネルギーを持っていったり、良くない気を発していたりします。
ですので、皆様気をつけましょう。

posted by LAILA at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

ついてる?ついてない?

ラッキーか?
はたまた、アンラッキーか?

どこに焦点を置くかで結構変わるもの。
ミスをした時にくよくよしない!
これだってある意味良かったんじゃないの?
と、いう風に考えられるとウジウジしないでいいかもしれません。
後、問題にするならば。
その失敗をしっかりと経験値にすることです!
失敗を忘れちゃうと、同じ事をまたしてしまう率がありますので。
同じ事を繰り返すという事は、それが身になっていないとか、何も考えずに行っているとかいうパターンが多いですね。

いずれにしても、くよくよしない。
惑わされない。
まっすぐ前を向こう。
ダメな事には理由がある!
自分がどれだけ試されているかをしっかりと見極めよう。

良い事を引き寄せるには、悪い事からしっかり学び、答えをだす事です。
悪いだけが理由じゃない。
良い事だって実は隠れている。
ちゃんと見付けよう。
そうすれば、イイコト起こるかもっ!?(笑)

私なんか、手を怪我しているけど、これにだって理由があるんだって思ってウジウジしないでいるけども、結構なんだかんだいってイイコト起きてるから気持ち次第なんだろうなって思いますね。
posted by LAILA at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

根深いネガティブ感情について

コラム的な感じになりますが、妹が友人関係で悩みまくっていた事からちょっとした発見と言うか事実を少し話したいと思います。

ネガティブにも色々あり、ちょっと別けてみました。

*依存型ネガティブ*
これは、何かに依存してしまうタイプです。
人であったり、地位であったりと、まぁ、色々ですが。
大半に言える事は「どうせ出来ない」「それはやりたくない」「あこがれるけど、無理だから」「そうなりたいけど・・・」とネガティブを発した後、その現状から抜け出そうとせず、嫌なものなどに共存(依存)してしまう。
何かアドバイスしても実行しせず、答えから逃げまくる人がそのタイプに当たります。
中途半端な位置に留まる人が陥る様です。
自分のスタンスをはっきりさせられない。
浅く広く付き合いたい。
自分の行いを理由付けて正当化(うやむやに)しようとする。

*破滅型ネガティブ*
これはもう、かなりの重度の人か、子供の頃から抑圧されたり、捻じ曲がって成長した人が多いです。
大半に言える事は「どうせ出来ない」「あこがれたって、自分には資格がない」「そうなれるわけない!」「私なんて存在価値もない」ネガティブを発するタイプです。
アドバイスしても反論する人が多いです。
全てにおいて諦めてしまうタイプです。
一歩間違うと洒落にならない事をしそうな感じもありますね。(苦笑)


ちなみに、私は破滅型でした。(爆)
中途半端な人よりも混沌が深いが、一端の真理も知っているので、抜け出る事は容易ではないが、受け入れる事で真実を一番理解出来るのもこのタイプの強みではないでしょうか。

妹の友人は依存型で、妹が問い掛けたことに対し回答を出さずにいて妹は答えが返って来ない事に悩んでました。
自分の立ち位置が解からなくなったみたいでした。
私の印象では、有耶無耶にしたいと言うのを感じました。
直感が当たっていればですけどね。(笑)
まぁ、以前も問い掛けた時も回答してくれなかったそうでしたし、今回もそうなんだろうなって思います。

私も昔、友人関係で苦労しましたので、その手のタイプは同じ事をまた繰り返してしまうのですよねぇ・・・。
で。
言える事は、引き際なのかなぁ?と感じたら、それはきっとアタリです。
後は、何度それを許せて、何度繰り返すことに付き合うかです。
ま、正直、段々やってらんない状態になったり、諦めたり、突っ込んだりするしかないですが。
最終的には、相手との綻びが広がって、決定的な出来事が起こってENDって感じになります。

後はもう、自分の自己満足の一種でしかないですけどね〜〜。
ぶっちゃけなるようにしかならない。
時に任せるのが、一番容易いのだろうと思います。
posted by LAILA at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。